So-net無料ブログ作成

忍草浅間神社(忍野村) [山梨県]

これは今年の1月のこと。「艦載機の整備」を終えたこともあって、この折り畳み自転車を車に載せてどこかへ出かけたくなり、山梨県へ出かけることにしました。目指すは富士五湖エリアで、いう間でもなく富士山に対する浅間信仰が強いエリアです。
車+自転車の機動力と、浅間信仰に基づく古社寺を見る目的で、さっそく自転車を車に積み、出かけました。

opening.JPG

お馴染みの圏央道でまずは南下。
IMG_0499.JPG

そして、八王子JCTで中央道へ。

さらに大月JCTで富士吉田・河口湖方面へ。
IMG_0503.JPG

車を止めるのは、道の駅「富士吉田」
IMG_0506.JPG

とりあえずここで早めのお昼。
IMG_0508.JPG

関東だと埼玉や群馬、そしてここ山梨などの内陸部では従来、小麦の粉食の文化が形成されてきた。
いずれも関東ローム層などのため、水田に適さない地域で、麦が多く作られ、それによって発達してきたものである。
特に山梨の富士吉田地方では、甲斐の伝統食「ほうとう」とともに、うどんがよく食べられてきた。これが今日、観光用に「吉田のうどん」と銘打たれたものである。ただし、日常食であった「ほうとう」に対して、うどんは「ハレ」の日に食卓にあがるものであったようだ。

理由は単純で「ほうとう」は本来、麺よりも一緒に煮込まれている野菜の方が多い。これは「ほうとう」が観光食となった今日でも変わらない。対して、うどんは小麦の使用料が多い、贅沢な食事にあたるわけだ。

肉うどんとかやくごはんのセット。
IMG_0507.JPG

「吉田のうどん」は、太くて、硬くて、コシが強いのが特徴。おそらく好みが非常に分かれるであろう。
私はもうちょっと細くて、柔らかいうどんが好みかな。

うどんを食べて力をつけたら、周囲を散策。

道の駅「富士吉田」には、富士山レーダードーム館がある。
IMG_0509.JPG

1964年から1999年まで富士山頂で稼働していた気象レーダーの記念館である。
IMG_0513.JPG

入ってみた。
IMG_0510.JPG

主に台風の接近を観測するため、無謀と言われた富士山頂へのレーダー建設の苦労とその成果を記念するため、役割を終えた富士山レーダーのレーダードームをここに移設し、作られた記念館である。
IMG_0512.JPG

富士山レーダーの建設の話は、NHK番組のプロジェクトXで取り上げられた。
また、館内ではそれとは別のNHKの番組「世界最大のレーダー建設―富士山頂9000人のドラマ―」を見ることができる。

なかなか感動的で、番組のクライマックスで、ヘリコプターが山頂へのレーダードームの輸送に成功した際のシーンでは、人目を憚らず、泣いてしまった。
一人だったので、なかなか恥ずかしかった。

◆ ◇ ◆ ◇

そんなこんなで艦載機の展開へ。
IMG_0518.JPG

組み立て、ブレーキランプのケーブル配線などを調整。そんなに時間はかからなかった。
IMG_0519.JPG

では、この艦載機「スニーカーライト」に乗って早速、出発。
IMG_0520.JPG

国道138号線は歩道があり、人もほとんど通らないので、ここを走れば車に轢かれる心配はなし。
IMG_0521.JPG

このまま、まずは忍野(おしの)を目指す。
IMG_0522.JPG

国道138号から「忍野入口」で折れて、忍野へ向けて北進。
IMG_0523.JPG

この道は昨今整備された道とみえて、歩道も広く走りやすい。

だが、ずっと緩やかな上り傾斜で、小径車には辛い。
IMG_0524.JPG

とは言え、1月の冷たい澄んだ空気の中、自転車を走らせるのは気持ちよかった。
ゆっくり忍野へ向かいます。
IMG_0525.JPG

やがて歩道がなくなった。こんななけなしのグリーンベルトで、車が近くを通り怖い!
IMG_0526.JPG

そんなこんなをしているうちに忍野が着実に近づいてきた。
IMG_0527.JPG

目的地に到着!まずは忍草(しぼくさ)浅間神社。
IMG_0554.JPG

社殿では大同2年(807)創建の古社である。いう間でもなく祭神は富士山の女神・コノハナサクヤ。
IMG_0540.JPG

神社の隋神門に注目・・・
IMG_0539.JPG

門にまつられている像である。

IMG_0541.JPG

IMG_0542.JPG

左右に構えるこの尊像。
忍野村のホームページ等で見ると、運慶作の金剛力士像とされているようだが、私は明らかにこれは二天(四天王のうち、増長天と広目天)だと思った。
一般的な金剛力士(仁王さま)とは姿がまるで違う。宝冠を被り、光背を背負い、甲冑を身にまとっている。
これは要するに二天門にまつられる二天の姿である。

案内看板等によると、もともとこの隋神門は、建久4年(1193)の頼朝の富士の巻狩の際に、畠山重忠と和田義盛が関東の武運長久を願い、鳥居峠に建てたもので、後に忍草浅間神社に移築されたものであるという。

運慶作とか、金剛力士像というところは、かなりあやしい。
尊名は二天であり、また鎌倉期の作品であるとは考えられない。
素人考えながら、おそらく近世の作品で、彩色等で後補がかなり入っているものと思われる。

ただ、門の格子が邪魔に思えるくらい像自体は立派で、良い形をしている。
そして、もしこの門が鳥居峠に建てられたというのが本当ならば、それはそれで興味深い。
なぜ峠に門を建てたのか、そして鳥居峠って・・・どこの?

質素な形の神門ながら、興味は非常に尽きない。
詳しく調べてみる必要がありそうだ。
IMG_0545.JPG

そして、いずれにしても、神社に仏教の尊像が残されているということは、神仏習合の名残を色濃く残していることに変わりはない。

各地の神社を訪ねて、神仏習合の名残を諸々見つけることはあっても、二天門(仁王門)をまるごと残す神社は、これまであったかな・・・?


また、本殿もとても立派だ。
IMG_0543.JPG

村指定重要文化財。ただし、いつ頃の建築かはわからなかった。
規模は写真で見る以上に実物は大きく、何よりその高さに驚く。

IMG_0547.JPG

村のホームページには「桧皮葺屋根・三間社流れ造り」とあるが、屋根は現在は銅葺きのようだ。
IMG_0550.JPG

なお、本殿には木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)・鷹飼(たかがい)・犬飼(いぬかい)の3神の坐像が祀られているという。
IMG_0544.JPG

この神像というもの自体も神仏習合の影響で生まれたもので、ここにも神仏習合の名残を見出せる。
そして、この3神像の方は正真正銘の鎌倉時代の作品で、正和4年(1315)の作であるという。

非公開であるが、村のホームページでその尊容を拝むことができる(こちらにリンク)。

山梨県内では最古の神像である。

忍草浅間神社は、行きたい行きたいと思って、やっと行くことができ、滞在時間も長かったわりに、いろいろ撮り逃したところが多すぎた。
また、行くしかない。

(つづく)
nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 3

やなぼー

ウチの辺りも、「噛み切る」うどんですf^_^;)
もしくは、「飲みきる」か!?(爆)
おふくろの実家がうどん屋だったので、それが当然のように思ってま
した(^_^;)
さらに北の群馬へ行くと・・・
うどんの打てない女は、女じゃない!という扱いだったようです。
by やなぼー (2016-12-28 06:17) 

かっちん

富士山レーダー、富士山登山した時に山頂に構えていたのが懐かしい。
感動ドラマ、見てみたい。
by かっちん (2016-12-28 11:33) 

pt-watcher

>やなぼーさん
会津の方じゃ、「蕎麦が打てない女は、嫁にいけない」といった話を聞いたことがあります。地方地方でそれぞれ麺食には特徴がありますね。

>かっちんさん
富士山レーダードーム記念館、見る価値ありです。
by pt-watcher (2016-12-29 23:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0