So-net無料ブログ作成

観光地の原動力・江の島 [神奈川県]

さて、この江の島の旅を振り返ってみましょう。ところで下のGoogleMapを見てください。
江ノ島の周辺の地図です。
私は鎌倉の出身だったので、いままで何とも思わなかったこの地図ですが、かなり面白い特徴を持っています。


大きな地図で見る

続きを読む


藤沢・遊行寺に行ってきた [神奈川県]

腰越から電車に乗った私は、今度は藤沢に出ます。
これが藤沢の町ですが・・・鎌倉とは違ってこちらは大きな町です。
駅前にはデパートや大型家電量販店が並びます。
IMG_4704.JPG

藤沢の町はもとは東海道の宿駅、そしてこれから行く時宗総本山の遊行寺(正式には清浄光寺)の門前町として発展しました。現在の市域は南北に長く、北は大和、東は横浜・鎌倉、西は茅ヶ崎に接しています。人口40万あまりで、西湘の中心都市である平塚(26万人)よりも多くの人口を有しています。
幹線としてJR東海道線、私鉄に江ノ電、小田急、横浜市営地下鉄、相模鉄道が乗り入れています。中央には日本大学のキャンパスと高校(日大藤沢高校)などがあり、工業・文教・住宅すべての要素を持った都市と言えましょう。

続きを読む


タグ:寺院 藤沢市

鎌倉市腰越地区に行ってきた2(小動岬~腰越駅) [神奈川県]

最近、私は腰越にはまっています。最近世界遺産登録を目指してとみに観光色どっぷりの鎌倉市旧市街に比べて、腰越地区はまあ、多少は観光色もありますが、まだまだ庶民の町、漁師町といった感じがするからです。

そして私が大好きな腰越の町の風景がこれです。
IMG_4691.JPG

続きを読む


鎌倉市腰越地区に行ってきた1(弁天橋~小動岬) [神奈川県]

江の島探索の続きです。

江の島をあとにした私は、まだ時間があったのでそのまま鎌倉方面へと足を向けることにしました。

弁天橋から目指す鎌倉の方向を見てみましょう。この写真を見て何か気づきませんでしょうか。画像の向かって左側が藤沢市域、右側が鎌倉市域となりますが、鎌倉側には高い建物がありません。

IMG_4627.JPG

続きを読む


江の島に行ってきた5(~聖天島公園) [神奈川県]

<ここまで>
江の島に行ってきた1
江の島に行ってきた2(弁天橋たもと~辺津宮~中津宮)
江の島に行ってきた3(山二つ~龍恋の鐘)
江の島に行ってきた4(稚児ヶ淵~児玉神社)

江の島の旅もこうして終わります。
最後に聖天島公園と呼ばれる小さな公園を訪ねてました。
『かまくら子ども風土記』という本によると、以前は海に浮かぶ二つの大きな岩を聖天島と呼んでいたそうです。
これが昭和39年(1964)の湘南港の建設で陸続きになり、今は公園になっています。
IMG_4612.JPG

続きを読む


タグ:神社 藤沢市

江の島に行ってきた4(稚児ヶ淵~児玉神社) [神奈川県]

奥津宮を出発し、再びお土産物屋や食堂が並ぶ通りを過ぎると、まもなく稚児ヶ淵の上に着きます。
稚児ヶ淵という名前は昔、鶴岡八幡宮寺の相承院の稚児、白菊が自休和尚のために身を投げて死んだというよくわからない話からついているそうです。

ここから一気に階段をおりて稚児ヶ淵に下りてくるわけですが、眺めはこの通り、素晴らしいものがあります。
IMG_4560.JPG

なお、先に紹介した渡船はこの稚児ヶ淵に来るわけです。よって歩いてきた人もここから船に乗れば、一気に弁天橋まで帰れるわけですが、ご覧の通り運航していない時期もあるので注意が必要です。
IMG_4569.JPG

続きを読む