So-net無料ブログ作成

茨城空港へ行ってきた3 [茨城県]

この日は、風向きが一定せず、自衛隊機は南へ北へ離着陸方向を変えるので、我々も北へ南へポイントを行ったり来たり。それにしても飛行機を追い求めて、慌ただしく車に乗り込み、カメラを持って、あちこち走り回る私たちの姿。他人様からみたら、「いい年して何をやってんの・・・」と思われるかもしれません(笑)。でも、男は何歳になってもかっこいいものが好きなんです。だから車とか鉄道とか、飛行機とかみんな夢中になるんです。何歳になっても・・・
この記事を読んでいる男性の方なら、きっとわかってくれますよね?(笑)
IMG_3990.JPG

続きを読む


茨城空港へ行ってきた2 [茨城県]

私たちは一路、茨城空港のターミナルへ向かいました。さっきの撮影スポットから、車で5分ほどです。周辺は典型的な農村で、こんなところに空港があるのは不思議な感じがします。自衛隊の基地と、民間機用のターミナルは、互いに2つの滑走路を挟んで向かい合っており、両者の距離は結構離れています。
IMG_3680.JPG

続きを読む


茨城空港へ行ってきた1 [茨城県]

茨城県にある茨城空港へ行ってきました。茨城空港は、2010年3月に国内98番目の空港として開港しましたが、全部新しく作ったわけではなく、用地としてはもともとこの地にあった航空自衛隊百里(ひゃくり)基地の滑走路に並行して滑走路を新設し、ターミナルを設けたものです(軍民共用空港)。運行している便は、スカイマークと中国の春秋航空というLCCしかなく、税金の無駄遣いと、いろいろ批判が多い空港です。ここに何をしに行ったのかと言われれば、飛行機を見に行ったわけですが、ここに至る過程には実は長いお話があります・・・
それはともかくとして、さっそく友達と出発です。
IMG_3619.JPG

続きを読む


大山に登ってきた4(アクシデントと日向薬師への道) [神奈川県]

私たちは、見晴台へ向けて下りていきました。途中は写真を撮る余裕もないくらいの険しさ。それに雪と泥に疲労も増します。何度か滑りそうになったり、転びそうになったり、いろいろ危険でした。それでもなんとか見晴台に下りて来ました。ここから阿夫利神社下社までは30分。あと少し、ということで、この見晴台でお菓子や水分を補給します。談笑しながら、体力を回復させ、出発しましたが・・・
IMG_6743.JPG

続きを読む


大山に登ってきた3(大山山頂へ) [神奈川県]

気を引き締めて、登山道の入口へ向かいます。この日のルートは、大山阿夫利神社下社→大山山頂→見晴らし台→二重滝→阿夫利神社下社→大山寺→大山ケーブル下バス停というつもりでした。ほぼこのルートです(伊勢原市観光協会)。私たちは初心者なので、山頂までのコースタイムは2時間を見積もっていました。まあ、余裕・・・とこの時は思っていました。しかし、ここで何かを見落としたのです。
IMG_6694.JPG

続きを読む


大山に登ってきた2(大山の信仰) [神奈川県]

ケーブルカーで登りつめた大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)は、大山の中腹に位置します。大山阿夫利神社は、「延喜式」にも見える古社ですが、当然いまの体制は明治の神仏分離を経た神道に置き換えられています。大山の信仰は、かつては「石尊大権現(せきそんだいごんげん)」と呼ばれる神仏習合の形態でした。神仏習合の時代に、神社を管理したお寺を別当寺と言いますが、阿夫利神社の別当寺は大山寺(たいさんじ、おおやまでら)で、一体となった信仰を形成していました。また大山寺は中世以来、修験道(いわゆる山伏)の中心となりました。そして、江戸時代には大山詣が盛んになっていきます。
IMG_6683.JPG

続きを読む