So-net無料ブログ作成

清白寺(山梨市) [山梨県]

雲峰寺を出ると、次なる目的地へ。今度は山梨市にある清白寺(せいはくじ)である。山梨県は、身延山のお膝元であるから、日蓮宗地帯なのかと思いきや、さきほどの雲峰寺といい、案外、臨済宗の古刹が多い。他に山梨県で有名な臨済宗の寺は、塩山の恵林寺(えりんじ)や向嶽寺(こうがくじ)などがある。ただし、いずれも京都や鎌倉の五山の系統ではなく、妙心寺派のようないわゆる「林下(りんか)の禅」の系統に位置する寺が多い。そして、夢窓疎石や信玄と関わりがある寺が多いのも特徴だ。

IMG_0161.JPG

続きを読む


雲峰寺(甲州市) [山梨県]

続いてやってきたのは、裂石山(さけいしざん)雲峰寺(うんぽうじ)。大菩薩嶺の登山口へ行く途中にある臨済宗妙心寺派の寺院である。創建の由来はよくわかっていないが、武田氏や塩山の恵林寺と関係が深い寺院のようだ。特に甲府の鬼門を守る寺として、武田信玄に由来する文書が複数あるとのこと。また、武田氏が滅亡した折り、家臣たちが 「日の丸の御旗」 「孫子の旗」 「諏訪神号旗」 などをこの寺に持ち込み、今も寺宝としてこれらは現存している。

IMG_0070.JPG

続きを読む


国道411号ドライブ [山梨県]

久しぶりにゆっくりできる日曜日が来たので、ストレス発散をかねてドライブに出かけた。近頃、仕事上で上手くいかないことが多すぎて、どうしても車に乗って遠くに行きたかったのだ。最初は、山梨県立歴史博物館(かいじあむ)で、「富士山ー信仰と芸術ー」展がやっていることを知り、その展示を見ようと思ったのだが、お目当ての「聖徳太子絵伝」(甲斐の黒駒伝説)が巡回展示で後期からの展示ということを知り、単純に寺巡りをすることにした。
しかし、富士参詣曼荼羅や『勝山記』の本物を見たいので、会期中に山梨にはもう一度行かなければならないが、果たして行けるだろうか…

IMG_0021.JPG

続きを読む