So-net無料ブログ作成
検索選択
雑記帳 ブログトップ
前の6件 | -

最近見た映画 [雑記帳]

地元のTSUTAYAが9月末まで改装工事のため休業中。そのため、最近DVDを借りるには、渋谷TSUTAYAまで行かなければならない。それにつけても最近の渋谷TSUTAYAはレジの混雑が慢性化。ブースはいっぱいあるのに、人員が足りてない感じ。最近はGYAO!やAmazonプライムビデオ、別にわざわざDVDを借りてこなくても、オンラインで映画やドラマが見放題といったサービスがあるから、これからレンタルビデオ業界も下火になってくるかもね…
そんなこんなで仕事帰りに借りてきた映画DVDの感想。まずは気になっていた「グッバイ・レーニン!」(「GOOD BYE, LENIN!」、2003年、ドイツ)
png001.png

続きを読む


nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

蛍光灯クライシス [雑記帳]

居間の蛍光灯が切れました。ここに住んでもう3年くらい経ちますが、以前も外側の蛍光灯が点かないことがありました。その時は心の中で「点けー!点けー!」と念じながら、スイッチをパチパチしてたら本当に点いたので、しばらくだましだまし使っていたのですが、いよいよもうだめになったようです。
「点けー、点けー」と念じながらスイッチをパチパチやっても、もうどうにも点きません。
蛍光灯が切れたなら、新しいのを買ってくればいいだけのことなのですが・・・
IMG_1261.JPG

続きを読む


戻ってくる人 [雑記帳]

以前、見つけたベランダへ通じるガラス戸の桟にいたクサグモ。掃除の際、追っ払ったものの、またおそらく同じ子が同じ場所に巣を作っていました。

寝床の近くで、髪の毛やらその他ゴミがいっぱいたまりやすい場所なのだが、ここが好きなのかな?

IMG_1255.JPG

続きを読む


行きたい行事特集 [雑記帳]

私がいつか行ってみたい祭礼、行事、イベントなどをまとめました。

寺社や博物館などはいつでも行けますが、祭礼等は日にちの都合がつかなければいけませんので、忘れないようにここに計画を記しておくことにします。

◆No.001 三河一色大提灯まつり
行きたい度:★★★★★
日取り: 毎年8月26日、27日
場所:愛知県西尾市(旧幡豆郡一色町)
理由:インターネットで知り、灯篭の美しさ、幻想さに惹かれたから。
備考:「一色のばかぢょうちん、一度見ぬもばか、二度見るもばか」
コメント:平日じゃない時を狙って行きたいが・・・

◆No.002 坂ノ下の面掛け行列
行きたい度:★★★★☆
日取り: 毎年9月18日
場所:神奈川県鎌倉市
理由:鎌倉の有名なお祭りの一つなのに、一度も見たことがないから。
備考:「はらみっと祭」とも言い、頼朝が孕ませた女性たちに年に一度の無礼講を許した行列からはじまったという伝承がある。もとは鶴岡八幡宮の放生会の祭礼であったが、現在は坂ノ下の御霊神社(鎌倉権五郎神社)の例祭として行われる。
コメント:9月18日が日曜日、ないし敬老の日に当たれば行くのはそんなに難しくないかな。

◆No.003 高野のどじょう施餓鬼
行きたい度:★★★★★
日取り: 毎年8月22日・23日
場所:埼玉県北葛飾郡杉戸町
理由:なんだかんだで施餓鬼というものを見たことがない。民俗学的にも興味深いから。
備考:お盆になって帰ってきた先祖の霊がさらに「高野の施餓鬼」に出かけるという伝承が近隣の地域に伝わっている。お盆に帰ってきた先祖の霊がさらにどこかへ出かける、という伝承は実は各地にあるらしい。また、かつては農具市が開かれ、そこで亡くなった人にそっくりな人に出会うという。
コメント:これも日曜日など休日でなければいけない。

◆No.004 板橋地蔵尊大祭
行きたい度:★★★★★
日取り: 毎年8月22日・23日
場所:神奈川県小田原市
理由:こちらもこの日にお地蔵様にお参りに来ると、亡くなった人と瓜二つの顔の人と会えるという伝承がある。
備考:箱根の入口にあたる板橋にある宗福院の地蔵堂の大祭である。

◆No.005 小川地蔵大祭
行きたい度:★★★★★
日取り: 毎年7月23日・24日
場所:静岡県焼津市
理由:本堂内に死者の着物を供養のために広げている写真をインターネットで見たことがあり、非常に興味を持ったから。
備考:焼津市小川(こがわ)の延命地蔵の縁日。上記の供養のための死者の着物を掛けている様子をぜひ見てみたいとかねがね思っていたが、平日だったりなんだりで、なかなか行けず・・・近くに自動車を止める場所がないのもネック。でも、夏が来るたびに行きたいと思う。

◆No.006 秋葉神社・秋葉寺の火祭り
行きたい度:★★★★★
日取り: 毎年12月15日・16日
場所:静岡県浜松市天竜区(旧周智郡春野町)
理由:幻想的な冬の夜の火のお祭りを見てみたいから。
備考:火伏せで名高い秋葉山。神仏分離の影響で、もともとの信仰の主体であった三尺坊は、袋井の可睡斎へと移されたが、本家の秋葉寺でも今も細々と火祭りが行われている。夜に行われるだけあって、見学は非常に困難を極めるが、その計画を練るのもまた楽しみの一つ?(新東名SAでの車中泊なんかも考えたりして)ただ、なかなかこの頃が休日とぶつからない・・・

◆No.007 新野の雪祭
行きたい度:★★★★★
日取り: 毎年1月14日~15日
場所:長野県下伊那郡阿南町
理由:民俗学・芸能史的に非常に有名な祭りであるから。
備考:この日が大雪だとその日は豊年だという、五穀豊穣を願う春の祭りである。折口信夫が非常に感銘を受け、「雪祭」と名付けたことで有名である。阿南町の伊豆神社で行われるが、南信や奥三河には民俗学的に重要な祭りが多い。
コメント:非常に興味があるお祭りだが、遠いゆえに連休がなければ行くのは厳しい・・・でも、本当は年休使ってでも行きたいんだが、例年仕事が大変忙しい時期なのだ。

世界は厳しい・・・ [雑記帳]

長年、病床にあった正岡子規の世界が、彼が眺めえた根岸の子規庵の庭であったように、埼玉県の片隅にある私のアパートのベランダでも小さくも、厳しい様々な世界が展開されていました。

ベランダの排水口付近に巣を張っていたオオヒメグモ。
IMG_8490.JPG

続きを読む


今日のクモさん [雑記帳]

寂しい一人暮らしなので、身近な生き物にさえ、孤独を慰めるものとなってしまう。
先週ぐらいから見つけたベランダのジョロウグモ。
今日は洗濯物を干す際に、とうとうその正体を間近に見ることに成功。

IMG_0989.JPG

続きを読む


前の6件 | - 雑記帳 ブログトップ