So-net無料ブログ作成
長野県 ブログトップ
前の6件 | -

稲泉寺(木島平村) [長野県]

お盆休みは北信濃に咲き誇る蓮を見に、木島平村の稲泉寺(とうせんじ)というお寺に行ってきました。稲泉寺は曹洞宗のお寺で、境内には何か所も蓮池があり、様々な品種の蓮が見ごろを迎えていました。

なぜか突然「蓮を見たい」と思い、有名な埼玉・行田の行田蓮でも見に行こうかと思いましたが、行田の蓮はほとんど終わってしまったようで。他に横浜の三渓園や、鎌倉の鶴岡八幡宮、光明寺などが名所らしいのですが、すぐ行けるからかあまり惹かれず。そんで長野はちょうど行った頃が見ごろ、ということで田舎の古寺の風景も相まって魅了され、行くことにしました。
IMG_1750.JPG

続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 

ニッコウキスゲの丘 [長野県]

ようやく仕事も少し落ち着いてきた先の夏の連休は、蓼科高原へ今が見ごろのニッコウキスゲを見に行った。混雑を予想して早朝に着くようにしたが、甘かった。午前7時の段階ですでに一番の見ごろの車山肩の駐車場は満車で入れず。少し下った路肩の駐車場から歩いて車山肩へ向かう。
IMG_1546.JPG

続きを読む


小野神社・弥彦神社(塩尻市・辰野町) [長野県]

善知鳥峠(うとうとうげ)を降りると、ほどなく辰野町に入る。この辺りは小野という集落なのだが、この小野という地域が面白い。もともとこのあたりは、筑摩と伊那の郡境が近接する地域で、戦国時代には小野のあたりを境に飯田城と松本城の領主がそれぞれ争っていたという。秀吉の裁定で、小野は北小野と南小野に分けられ、現在でも行政区画は塩尻市の北小野と、辰野町の小野に分かれている。現在、この2市町にまたがる北小野と小野を合わせて両小野と呼んでいるようだ。
そして、同地にある神社も二つに分けられ、現在、小野神社と弥彦神社という神社がそれぞれ並び立って鎮座している。
IMG_9439.JPG

続きを読む


善知鳥峠(塩尻市) [長野県]

これは去年の夏のお話。恒例の長野旅に出かけた時のこと。塩尻から辰野へ抜ける国道153号線の途中に善知鳥峠(うとうとうげ)という峠がある。善知鳥というのは難読だが、海鳥の名前である。塩尻方面から南下すると、峠の麓は小野の集落となる。この峠は、かつては南信から塩尻・松本へと抜ける重要な峠であった。また、中央分水嶺の一つで、ここを境に北へ降った雨は信濃川(千曲川)を経て日本海へ、南へ降った雨は天竜川を経て太平洋へ注ぎ込む。
IMG_9405.JPG

続きを読む


タグ:民話 塩尻市

諏訪大社上社前宮(茅野市) [長野県]

長野旅では、朝の温泉へ行った後、諏訪大社へ。本当は上社の本宮へお参りしたかったのだが、なぜか駐車場がまったく空いておらず、駐車場を求めてグルグル。仕方がなく、空いている前宮へ。
諏訪上下の4つの社の中でも、もっとも原初的な信仰の形を残しているという諏訪大社の前宮は、鳥居前町が形成され、賑やかな他の社とは違って、とても質素である。
だが、諏訪の祭祀、諏訪信仰発祥の地とされるだけあって、境内はとても神聖な雰囲気に包まれている。
IMG_1517.JPG

続きを読む


御射鹿池(茅野市) [長野県]

11月の連休は長野へ。朝、温泉へ行くついでに茅野市にある御射鹿池(みしゃかいけ)に行ってみた。
ここは、かつてシャープの液晶テレビ「アクオス」のテレビCMで有名になった画家・東山魁夷(ひがしやまかいい)の名作「緑響く」のモチーフとなった池である。
国道299号(メルヘン街道)から奥蓼科温泉郷へ行く途中にある。
IMG_1394.JPG

続きを読む


タグ:温泉 茅野市
前の6件 | - 長野県 ブログトップ